「親子で楽しむ料理教室」開催

 本会主催の「親子で楽しむ料理教室」が、一月十五日神戸市中央区のこべっこランドで開かれ、十六組の親子が参加し親子丼と味噌汁づくりに挑戦した。 県と本会が結んだ子育て親子応援協定に基づく事業で今回が二回目。親子で食の大切さについて考える機会として企画した。
 まず、入江理事長が本会や開催主旨について紹介したあと、作り方の手順を説明。このあと加美町の百日地鶏や淡路のタマネギなどを材料に四班に分かれて調理した。
 入江理事長と本会メンバーが各班を回って、子どもたちに包丁の使い方や材料の切り方のコツなどをアドバイス。お母さんたちは特に、さまざまな料理に活用できる丼かえしの作り方やだしのとり方、味噌汁には最後にわかめを入れることで風味が引き立つといったプロの技に注目していた。 調理後に参加者は、互いに感想を話し合うとともに出来栄えをゆっくり味わっていた。